視力回復トレーニングとは?

視力回復トレーニングとは、主に衰えている目の筋肉を訓練することで視力回復を図ろうとする視力回復法のことです。

 

視力回復トレーニングには、自宅でできるものから、視力回復センターで行うもの、ソフトウェアを使用するものなどがあります。

 

軽度の近視であれば、自宅でトレーニングをするだけで、数週間〜数か月など短期間で視力が回復することがあります。

 


視力回復トレーニングの理論(考え方)

ヘルムホルツ理論

現代では、視力回復トレーニングやレーシックなどいろいろな視力回復法が研究されていますが、これらの視力回復法も実はこのヘルムホルツ理論を基に考えられています。

 

ヘルムホルツ理論とは、距離が違った物体をきちんと捉えることができるという目の仕組みについて示しています。

 

目には筋肉がありますが、この筋肉が毛様体筋と呼ばれる部分です。毛様体筋がピントを合わせるために動いていると言われており、この考えがヘルムホルツ理論のポイントです。

 

ピントを合わせるために毛様体筋が動くことで水晶体の厚みが変化します。この水晶体の厚みが変わることにより、屈折の角度が変わり、遠い場所や近い場所のものの捉え方の違いを見せているのです。

 

このヘルムホルツ理論が、現代の眼科の考え方の基礎なっているので、眼科に関しては、ヘルムホルツ理論を基に診断が行われているんです。

 

単なる目の働きですが、それでも重要な役割を担う部位です。 視力回復トレーニング法もヘルムホルツ理論により発達してきました。

 

べイツ理論

ベイツ理論とはウィリアム・ホレイショ・ベイツという米国人眼科医が提唱した眼で物を見るときの眼の動きに関する理論です。

 

ベイツ氏によれば、人間は物を見るときに、眼球を取り巻いている4つの直筋と2つの斜筋の6種類の筋肉を収縮・弛緩させて眼球全体の形を変えることによって、眼球の内側にある水晶体から網膜までの距離を変え、焦点を結ぶように調節していると考えました。

 

つまり、外眼筋が動くことで物を見ているというのです。

 

ベイツ理論によれば、外眼筋の動きは近視遠視などの視力にも関わります。4本の直近の緊張が遠視の原因になったり、斜筋の緊張は近視の原因になったりするというのです。

 

また、外眼筋が緊張で収縮すると眼球がしめつけられ、眼球内の血行が悪くなります。眼球内の血行不良は白内障や緑内障などの眼病の原因になるとも言っています。

 

しかし、ベイツ理論は現在の眼科の世界では少数意見です。現在眼科の世界で一般的なのは、水晶体に付着している毛様体筋の収縮・弛緩により水晶体の厚さを変化させて焦点距離を調節しているというヘルムホルツ理論です。

 

では、ベイツ理論は一昔前の廃れた理論かというとそうではなく、視力回復トレーニングに関してはベイツ理論を基にしているものが多いです。

 

視力回復トレーニングにはいろいろな方法がありますが、基本的に眼筋を鍛えたり眼筋の緊張を解きほぐすものであり、ベイツ理論もヘルムホルツ理論も内包しているといえるでしょう。

視力回復トレーニングの注意点

まず、視力回復トレーニングを実践するにあたり注意する点は、頑張りすぎないことです。

 

視力回復トレーニングというのは、目を鍛えることになります。体の筋トレでも、ムリして激しくトレーニングすると、効果が出るばかりか、体は疲れてしまいますよね。視力回復トレーニングもそれと一緒です。

 

次に、視力回復トレーニングを習慣にして生活改善することも大切です。

 

視力が少しずつ低下したように、視力の回復にもそれなりに時間がかかります。

 

明日にでも視力が回復できるということではないので、トレーニングを毎日の習慣にすることで、より効果的になり、視力回復の近道にもなります。

自分に合った視力回復トレーニング法を選ぶ

視力回復トレーニング方法と言ってもいろいろな方法があります。

 

その中から自分に合ったトレーニング法を選ぶのが良いのですが、いくら合っていても続かなくては意味がありません。ですから、ポイントとしては、習慣にできるトレーニング法を選ぶということです。

 

視力回復トレーニングというのは即効性があるものではありません。そのため、毎日の継続が必要になるわけですが、飽きてしまって続かなければ、結果も出てきません。

 

まずは自分が習慣にできる視力回復トレーニング方法を選び、続けてみることが大切です。

基礎的な視力回復トレーニング方法はこちら!

まばたき
実は、まばたきも立派な視力回復トレーニングなんです!

 

眼筋運動
眼筋運動は、緊張した眼筋は動かすことで、眼筋の血行を良くすることに役立ちます。

 

遠近トレーニング法
遠近トレーニング法は、遠くと近くを交互に見ることで、対象物にピントを合わせるために働く眼球内の毛様体筋を鍛えるという視力回復トレーニング方法です。

 

調節力トレーニング法
調節力トレーニング法はわずかにぼやけているものを見ることで、目のピント調節機能を強化しようというものです。調節力トレーニングによって少しずつ目の焦点が合う範囲が増えます。

 

虹彩トレーニング法
虹彩トレーニング法とは明暗トレーニングとも呼ばれる視力向上トレーニングの一種です。

 

視力回復トレーニング教材人気ランキング

実績のある視力回復トレーニング教材を紹介します。ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」の特徴
アイアップは、脳を活性化することで視力を回復する画期的な視力回復プログラムです。毎日たった5分だけ脳トレゲームをするだけなので手軽に実践できます。また、90日間の返金保証があるので、安心して実践できるのも魅力です。特典も満載ですが、メールサポートも付いているので、分からない事もすぐに解決できます。
価格
19,800
評価
評価5
備考
教材内容:CD1枚

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法の特徴
視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法は、特別な道具などは一切必要なくインターネットの接続環境さえあれば、どこでも気軽に視聴し、すぐに実践することが可能です。プログラムはどれも子供からご年配の方まで簡単に始められるものばかりです。一つのプログラムは、約3分で実践できるので、習慣化するのに最適です。「気付いたら、今日もやっていた」そんな毎日が楽しくクセになるような視力回復法です。
価格
19,700
評価
評価5
備考
教材内容:動画本数15本 約30分

川村明宏のジニアスeyeの特徴
ジニアスeyeは、視力回復トレーニング系の教材では古株です。川村博士は、任天堂DS用ソフト「右脳を鍛える」などの発売でも有名な方です。川村博士は、視力低下の原因を眼筋の衰えであると指摘し、ストレスによる眼球の血行不良によるものと言っています。川村博士の視力回復法では、こうした原因に対して効果的なトレーニングを実践することで視力を回復させます。すでに数万人が実践した実績ある視力回復トレーニング教材です。
価格
19,800
評価
評価4
備考
教材内容:視力回復トレーニングサイト テキスト:128ページ

 

子供のための視力回復トレーニング教材人気ランキング

お子さんの視力を回復させたい方はこちらを参考にして下さい。

 

アイ・トレーニング・コンプリートパックの特徴
アイトレーニングは、10年間で2098名のお子さんの視力を回復させた視力回復トレーニング方法です。実践は1日10分くらいでよく、何よりトレーニングの方法が子供の興味を引くような遊び感覚の内容になっているので、お子さんでも飽きずに続けることができます。
価格
15,800
評価
評価5
備考
教材内容:CD1枚、マニュアル80ページ、トレーニングキット1セット

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)の特徴
この 「 楽々!視力アップ マニュアル 」 では効果の高い5つのトレーニング(眼のストレッチトレーニング、眼のコントロールアップトレーニング、眼のバランストレーニング、脳活性化トレーニング、眼の視機能トレーニング)を基本に進行していきます。この ビジョン・エクササイズと呼ばれるトレーニングをしやすいようにアイトレ・キットがセットで付いているので自宅で手軽に実践できます。
価格
19,800
評価
評価5
備考
教材内容:CD1枚、DVD1枚、マニュアル102ページ、トレーニングキット

視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法の特徴
「視力回復アイスマイル1.0」は、1日5分程度かわいいキャラクターといっしょに遊び感覚で実践できるのが特徴です。90日間の返金保証があるので、気軽に実践できるのも良いですね。また、メールサポートも365日間付いています。回数も無制限なので、分からない事はしっかりサポートしてくれます。
価格
19,700
評価
評価4
備考
教材内容:DVD1枚、特典マニュアル

 

 

更新履歴
このページの先頭へ戻る
RANKERSEARTHPage Rank KING