ルテインの視力回復効果

体に良いとされる健康サプリメントが増えている中で、今では目のサプリメントもたくさんの種類が出ています。特に目の健康の問題が重視されるようになってから色々な種類の物質が目に良いと言われるようになりました。ルテインも目の健康に良いと言われる物質で、もともとはほうれん草など緑黄色野菜からも摂取できる物質だったのですが、意識して緑黄色野菜ばかり食べることもできないため、効率の良い吸収の方法としてルテインのサプリメントが登場しました。ルテインサプリは、視力回復の効果も期待でき、近年注目が増しています。

 

このページでは、このルテインについて詳しく解説していきます。

 

ルテインとは?

まず、ルテインについてもう少し詳しく説明します。ルテインとは、強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。ほうれん草に特に多く含まれ、その他にかぼちゃ、ブロッコリー、とうもろこしなどの緑黄色植野菜、グレープフルーツ、キウイ、梨などのフルーツにも含まれています。ルテインはもともと人間の眼の中に存在する成分です。目は日常生活の中で紫外線を浴びることでダメージを受けています。また、近年ではPCやスマホ、ゲームから発せられるブルーライトも目に影響を与えています。

 

 

紫外線やブルーライトを浴びることで、目には活性酸素が発生します。特にブルーライトは目の細胞に大きなダメージを与えると言われています。これらの有害な光から目を守り、活性酸素を取り除き、活性酸素の発生を防ぐのがルテインなのです。

 

ブルーライトについての詳しい説明はこちら⇒ ブルーライトとは?

 

体内のルテインが減少し始める年齢

 

ルテインは、目の中の水晶体や黄斑部などに存在し、強い抗酸化作用を持っている成分です。健康的な目を守るのに重要な役割をするルテインですが、年齢を重ねるにつれ体内での生成量が減少してしまうことが判明しています。目安としては40代〜50代で減少が開始され、70代を迎える頃には三分の一の量まで減ってしまうと言われています。

 

ルテインが減少する原因

 

なぜ、ルテインの生成量が加齢とともに減少してしまうかというと、主に2つの原因が考えられます。

 

活性酸素と戦うために大量のルテインが消費されてしまう

一つ目の理由として考えられるのが「活性酸素と戦うために大量のルテインが消費されてしまうこと」が挙げられます。例えば、忙しく働く社会人などは仕事などでストレスを溜めやすい身体になってしまいます。ストレスというのは酸化力が強い活性酸素と呼ばれる活発な酸素を作り出す要因となります。そして、この活性酸素を体内から排出するために働く成分がルテインなのです。そのため、不規則な生活が続いている方やストレスを溜めこみやすい性格の方などは、ルテインの消費量も多くなってしまい、結果として減少させる要因となってしまいます。

 

目に多くの光を浴びる

続いて二つ目の理由として挙げられるのが「目に多くの光を浴びること」です。現代人にとってスマホやゲームなど、光が発生する機器は生活の必需品となっています。これらの機器は画面から多くの光が発生しており、長時間眺めることによって目に膨大なダメージを与えてしまうのです。その結果、目を過度なダメージから守ろうとしてルテインを消費してしまい、減少を招いてしまうことにつながっていくのです。

 

この内的要因と外的要因の両方が加齢により徐々に蓄積されていくことによって、ルテインが減少する一方となってしまうのです。

 

ルテインの抗酸化作用で視力も回復

ルテインは抗酸化作用が強く、目に蓄積された活性酸素を取り除くことができます。現代人は疲れ目を抱えており、スッキリ疲れが取れるまで目を休めることもできません。この疲れとルテイン不足のために視力も低下してしまうのです。

 

 

このような疲れ目による視力の低下を防ぐためにもルテインの摂取は重要であると言えます。ルテインを摂取することで疲れが取れれば視界もはっきりします。また、緑内障や白内障のリスクも減らせることができる物質なので、目の健康と疲れで落ちた視力を回復させるためにもルテインの摂取を心がけて行った方が良いでしょう。

PC作業の多い人が摂取すべきルテイン量は?

 

PC作業をする人は多く、パソコンを使うプログラマーや事務員などは特に目の疲れや肩こりに悩まされることが多いですね。このようなPC作業が多い人の場合、ルテインの一日あたりの摂取量はどのくらいがいいのでしょうか。

 

実際には、PC作業の量や、ルテインの効果を実感するまでの期間、ルテインの効果の出やすさなどは人によって違いがあります。このため、確実にこの量なら効果があるとは言い難いのが現状です。あえて目安を出すのならば、目安としては10mg前後がいいのではないかといわれています。

ルテイン摂取の際の注意点

ルテインは基本的には、緑黄色野菜などの色の濃い野菜やフルーツに含まれています。しかし食材から一日に必要な量を摂取しようとすると、人参なら13本も食べなくてはなりません。そのため摂取できる分は食事から摂取し、足りない分はサプリメントなどで補うとよいでしょう。

 

ルテインをサプリメントで摂取する時の注意点としては、他の有効成分が入っているかどうか確認します。実は、ルテインの効果は、ルテインだけでは十分に発揮されません。どんな栄養成分にもいえることですが、他の成分と合わさることで相乗効果が生まれ、より多くの効果を発揮することになるのです。ルテインを効果的に目に届けるためには、ゼアキサンチンやブルーベリー葉エキスが必要になります。

 

しかし、市販のサプリメントには、このような成分が配合されていないものもあるので、しっかりと確認するようにしましょう。

 

一つおすすめのサプリをご紹介します。「なごみアイ」は、ルテイン(10mg)だけでなく、ゼアキサンチンやブルーベリー葉エキス、さらに視力回復に効果的と言われているクロセチンアスタキサンチンを効率よく摂取できるサプリメントです。どれを選べば良いか迷ったら、こちらから試してみることをおすすめします。

 

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

 

 

このページの先頭へ戻る