視力回復トレーニング法記事一覧

dummy

まず、基礎的な視力回復トレーニングとして、まばたきをしっかり行うことなどが挙げられます。テレビやパソコンをしていると、集中して画面を見るために、まばたきの回数が自然と減少します。しかし、まばたきは目にとって大切な役割があり、まばたきの回数が減ることは、視力低下や眼科疾患を引き起こす原因となります。そのため、目のトラブルを防ぐためには、まばたきの働きをきちんと知ることが大切です。まばたきには、眼球周...

dummy

上下左右に眼球を動かし、眼筋を動かすことも視力回復に効果的です。緊張した眼筋は動かすことでほぐすことができますし、眼筋の血行を良くすることに役立ちます。特に現代社会ではパソコンや携帯などを見ることが多いですが、一点を見つづけるため目をほとんど動かしません。目を動かさなければ目の筋肉が使われずに衰えてしまいます。また、メガネをかけている人も視界が狭く、眼球を大きく動かすことが少なくなります。使われな...

dummy

遠近トレーニング法とは、遠くと近くを交互に見ることで、対象物にピントを合わせるために働く眼球内の毛様体筋を鍛えるという視力回復のためのトレーニング方法です。特別なものは必要ないので自宅で簡単にできる視力回復トレーニング法です。やり方は簡単です。まずは親指にしるしをつけ、目の前に立てます。しるしは視力検査表のCのマークを書きます。それを1秒で遠ざけ、3秒で近づけます。遠ざけるときは早く、近づけるとき...

dummy

調節力トレーニング法はわずかにぼやけているものを見ることで、目のピント調節機能を強化しようというものです。調節力トレーニングによって少しずつ目の焦点が合う範囲が増えます。人間の体の機能は使わなければ退化します。視力の悪い人はコンタクトレンズやメガネを使いますが、それでは目のピント調節機能が衰えてしまいます。筋力トレーニングと同様に、自分が見えるぎりぎりの負荷をかけることで見る力を鍛えるトレーニング...

dummy

虹彩トレーニング法とは明暗トレーニングとも呼ばれる視力向上トレーニングの一つです。虹彩は目に入る光の量を調節する働きをします。日本人であれば黒目の中心が瞳孔でその周りの少し色の薄い部分が虹彩といったらわかりやすいでしょう。カメラの絞りと同じように、明るい場所では虹彩が大きくなり瞳孔が小さくなるので、眼に入る光の量を減らします。暗い場所では虹彩が小さくなり瞳孔を広くして光の量を増やします。視力は水晶...

このページの先頭へ戻る